自然素材と暮らす家

自然とともに暮らす家

自然素材がもたらす、ぬくもりの癒し空間


 

古くから日本の家屋で使われてきた無垢材や、漆喰、珪藻土などの壁材を使った自然素材の家は、まるで森の中にいるような、爽快感やぬくもりを感じさせます。これらの素材は、調湿性が高く、遮音、耐熱性、脱臭性等、機能面での効果があるのです。

「きづくり」では、厳選された木材を適材適所に使用します。木は伐採され、製品となった後も生き続ける、いわば『生物素材』。呼吸をすることで、周囲の湿度や温度を調節してくれるため、夏は涼しく冬暖かく過ごすことができます。

また、天然の無垢材には、素肌に触れたときに温かさが伝わるだけでなく、室内に「フィトンチット」という香りを発生させ、住む人に安らぎを与えます。さらに、漆喰、珪藻土などを採用するので、家全体が自然素材に包まれます。優しいぬくもりに満ちたこの家では、夜ぐっすりと眠ることができ、心身共に健やかに過ごせます。

 

ぬくもりの癒し空間

工業化製品でつくられる住宅は、新築時はきれいでも、時間の経過とともに劣化していくばかりですが、自然素材は、年月がたつほどに風合いを増し、独特の味わいが生まれます。床についたキズでさえ、家族の思い出の象徴となり、より愛着の持てる家となってゆくでしょう。

 

お客様の声
熊谷市 K様

「住んでみて木はやっぱりいいなと思いますね。木自体が呼吸してるから、空気が苦しいっていう感じがないです。ひび割れやヤニが出てくると、ああ生きてるんだなあって実感します。」

K様の家づくりストーリーはこちら

熊谷市 K様

 

鶴ヶ島市 T様

「手を入れながら永く住める家を建てたいと思い、工務店を探していたのですが、大野建設の家は、構造がしっかりしていて空気が澄んでいました。実際住んでみると、春夏秋冬を感じながら、日々の生活を豊かな気持ちで過ごせ、大変喜んでいます。」

T様の家づくりストーリーはこちら

鶴ヶ島市 T様

 

熊谷市 M様

「珪藻土の壁と木の腰板を組み合わせた玄関は、特に気に入っています。1年以上経ちましたが、お客様がみえると、まだ木の香りがすると言われますね。」

M様の家づくりストーリーはこちら

熊谷市 M様

注文住宅 部門|大野建設の注文住宅「きづくり」

ページトップへ