環境にやさしい家

環境にやさしい家

環境にやさしい家づくり


 

私たちは、地域が、ひいては地球が美しく保たれるような家づくりをめざしています。それは、「環境の世紀」といわれる現代を生きる企業として、当然の責務です。

お客様が幸福を感じ、地域環境がよくなり、私たちもよろこびを得る―それが、私たちが考える、「三方よしの家づくり」。

この夢を現実のものにしていくため、私たちは謙虚に、かつ大胆に挑戦し続けます。

環境にやさしい家づくり

 

100年もつ家


 

木の家に使われる杉や檜。これらは、鉄筋や鉄骨、コンクリートに比べ、製造・加工・輸送にともなうCo2の排出量が格段に少ないことがわかっています。また、木そのものがCo2を吸収してくれる存在でもあります。さらには、家を建てるための木を切った後に、植林によって新しい木を育てることが、きちんと山の手入れを行い、守っていくことにも繋がっています。

一般的に住宅の寿命は25年から30年と言われますが、木の家は、適切なメンテナンスを行えば優に100年はもちます。実際、行田市には、私たちの初代社長が創業間もない頃に手がけた築90年の家が、いまだに現役で使用されています。家の寿命が長いということは、建替え周期が長いということ。それだけお客様の住居コスト削減にもつながるのです。

100年もつ家

 

光と風の道


 

光の道

日々の日射も風の通りも立派なエネルギーのひとつです。設計上、日射条件を確認し、太陽の光をうまく取り入れたつくりを意識することは省エネにもつながります。

光の道

 

風の道

風の通り道も光と同じです。風をうまく取り入れ、逃がす道を設計に活かすことは非常に大切です。夏の蒸し暑さは日本一といわれる程の、ここ埼玉県北部地域。風の道を確保することは快適な住まいのためには、とても重要なことなのです。

風の道

 

『逆垂木屋根通気工法』の省エネ・快適性


 

『逆垂木屋根通気工法』とは、遮熱断熱の屋根工法で、機械を使わずに太陽熱をコントロールして室内環境を快適に保つシステムです。

簡単に言えば、断熱層と屋根下地との間に通気層をもうけ、屋根の熱気を外部に放出する仕組み。屋根裏で熱せられた空気は自然の摂理で外部に放出される、というわけです。

これにより、遮熱・断熱を図ることができると同時に、ロフトなどの屋根裏空間の有効活用ができるようになります。

『逆垂木屋根通気工法』

注文住宅 部門|大野建設の注文住宅「きづくり」

ページトップへ