第9回サステナブル住宅賞を受賞しました(R4.1.25)

一般財団法人 建築環境・省エネルギー機構(IBEC)様より、

環境の価値を重視し、居住環境の豊かさを維持しながら、省エネルギーと環境負荷低減により、サステナブル社会の実現に貢献する優れた建築物に贈られる

第9回 サステナブル住宅賞 日本木造住宅産業協会会長賞を受賞致しました。

 

洪水が発生する可能性の高い土地に、やむなく建築を行う際に、万が一浸水しても、できるだけ簡易な処置で復旧が可能で、

長く使い続けられる建物にする為、一般社団法人いえ・まち再生会議で開発を進めてきた「SOSd住宅(洗える家)」仕様を採用し、

泥水が建物内に侵入したとしても、施主が簡易に水で洗い流すことができ、なおかつ壁内の乾燥を促す仕組みを設置し、

長寿命の建物であるが故の災害リスクを低減できる住まいとなっています。

   

   

施主様 個人のお客様

設計者 一般社団法人いえ・まち再生会議 小山祐司

    ARU田口設計工房 田口隆一

施工者 大野建設株式会社 (施工管理:斎藤正記 大工:小山清司)

 

第9回サステナブル住宅賞入賞作品一覧

日本木造住宅産業協会会長賞

 

お知らせ|ご報告

ページトップへ