大野建設のSDGsの取り組み

大野建設は、
三方よしの理念のもと、
「夢づくり、街づくり」を通して、
「持続可能な開発目標(SDGs)」
の実現に貢献します。

持続可能な開発目標(SDGs)とは

SDGs(エス・ディー・ジーズ:Sustainable Development Goals)は、2015年9月に国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際開発目標です。世界が抱える問題を解決し、持続可能な社会を作るために世界各国が合意した17の目標と169のターゲットから構成され、人間、地球及び繁栄のための行動計画として宣言および目標が掲げられました。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本国内でも多くの企業や団体が積極的に取り組んでいます。
大野建設もSDGsの理念・目標に賛同し、持続可能な社会の実現に貢献していきます。わたしたちの「夢づくり、街づくり」を通して実現できること、取り組むべき課題を考え、お客様や取引業者会大栄会パートナーの皆様、地域の皆様と協力しながら取り組んでいきます。

参考リンク
JAPAN SDGs Action Platform(外務省)
持続可能な開発のための2030アジェンダと日本の取組

 

大野建設のSDGs

1、働く人の健康と安全
・経済産業省「健康経営優良法人2019」認定。
・社員、協力業者会 定例の安全大会、協力業者会で「健康講座」開催。
・安全教育の実施(1回/月)。創業以来113年間死亡・重篤事故ゼロ。

2、快適で健やかに暮らせる家「きづくり」
・自然素材・天然素材でつくる住まい。脱シックハウスの実証実績。
・OMソーラーやデコスセルロースファイバー断熱材の利用などによる
 夏涼しく冬温かで(全館暖房・調湿・高断熱・吸音)快適な住まいの提供。

 

1、大工職人育成
・大工の社員化による安定雇用を通じ、育成・技能の継承

2、建築技術者の育成
・住宅・非住宅・リフォームなど様々な建築を担えるマルチ技術者の育成(ジョブローテーション)
・資格取得支援

3、人財育成・教育
・社員の人間力向上・社会性向上ため、定期的に研修会・勉強会を実施。
(人間学教材「致知」等を用いた勉強会実施。1回/月)

4、感性を育む家づくり
・家族の絆を育む「広がる間取り」、経年変化する素材が子どもたちの感性を育む教材と
 なる家。親子木工教室の開催。

5、小さな自由図書館(Free Little Library)の設置
・地域の人たちと図書の共有・交流

 

1、多様な働き方・平等な職場づくり
・女性の活躍や仕事と家庭の両立支援等、
 男女が共同して参画することのできる職場づくりへ取り組み。
 2015年「行田市男女共同参画推進事業所」に認定。
・2016年 埼玉県多様な働き方実践企業シルバー認定

 

1、省エネルギーな建物づくり
・「木の家」を推進することで製造時から解体時までCO2排出量の少ない建物づくり(S・RC造 対比 -50%)

2、省エネルギーでも快適に暮らせる家「きづくり」
・県産材・国産材を使用。(輸送エネルギーの削減。木材輸送過程Co2排出量 欧州輸入材 対比-75%)
・「氣候風土」に根ざしたパッシブで省エネな設計。
・クリーンな太陽熱を利用したOMソーラーによる夏涼しく冬温かい住まい。
・日本の木の家CO2固定量認証制度(NPO地球の会)の採択。

3、既存建物を活かすリノベーション・リフォーム・古民家再生「まるで新築くん」の展開。
  減築の提案。

   

 

1、誇り・やりがいの証
・お引き渡し建物に、各担当者名前入り銘板の設置

2、大工職人育成
・大工の社員化による育成・技能の継承

3、建築技術者の育成
・住宅・非住宅、リフォームなど様々な建築を担える質の高いゼネラル人材の育成。
(ジョブローテーションの導入)
・資格取得支援

4、人財育成・教育
・社員の人間力向上・社会性向上ため、定期的に研修会・勉強会を実施。

5、多様な働き方
・埼玉県多様な働き方実践企業シルバー認定

6、業界発展のために
・JBN全国工務店協会会長、住団連理事、NPO法人地球の会理事、等

7、「3方よし」経営の実践
・社員の待遇改善と社会貢献活動の実施

 

1、技術をつなぐ、未来に受け継ぐ
・大工の社員化による育成・継承(大工塾)
・住宅、非住宅、リフォームなど様々な建築を担えるマルチ人材の育成(ジョブローテーション)
・資格取得支援

2、品質向上
・ISO9001認証取得とその実践
・新技術の研究・取り入れ(横河システムやOMソーラーなど他社との協業)

 

1、企業理念:「夢づくり街づくり」で社会に貢献しよう
・三方よしの建物づくり(「お客様」「大野建設」 「地域社会」 )
・地域密着の建物づくり。地域の「家守り」として安心安全生活を提供。
・永続的に地域に必要とされる企業を目指し企業理念の実践

2、まちを形成するすべての建築でお役立ち
・家づくり(新築・リフォーム)、公共施設建築、民間施設建築など
 まちを構成するすべての建築ジャンルの設計施工・メンテナンスを担う

3、地域活動への積極的な参画
・地域のこども木工教室、彩の国ロードサポート
・NPOふるさと創生クラブ、地元商工団体・奉仕団体 など

 

1、高品質な建物を提供
・創業以来113年の愛顧客様はじめ、永年のお取引き先多数
・法基準を越えた安心安全品質
(瑕疵担保以上の保証制度、シックハウス問題に対する対応等)
・ISO9001
・国産、県産材など地産地消の建材(顔の見える確かなもの)の利用
・公共工事(表彰実績)

2、技術をつなぐ、未来に受け継ぐ
・永年の家守り(建てたすべての建物の維持管理)のために、大工の社員化による育成・技術継承(大工塾)
・住宅、非住宅、リフォームなど様々な建築を担えるマルチ人材育成(ジョブローテーション) 

3、環境配慮
・小エネルギーな建物づくり
・ISO14001(リサイクル含む)

4、安心安全
・112年間死亡重篤事故ゼロ
・協力業者会大栄会での安全指導会実施
・安心安全設計の実施(地震、水害、温熱など)
・脱シックハウスの家づくり

5、感謝の心で使う
・すべてのものを大切にする人間力の醸成。(人間力教育の実施)

 

1、CO2削減
・省エネルギーな建物づくり(OMソーラーや県産材利用など)
・ISO14001(リサイクル含む)
・社用車のハイブリッドカーへの切り替え
・工事現場での廃棄物の分別管理

 

1、持続可能な森林の経営に参画
・森と住まいをつなぐ「森林パートナーズ(株)」役員として森林を活性化
・地産地消の家づくり(県産木材を利用)で地域の森林を活性化
・国産材による家づくりを積極的に展開。NPO法人地球の会の「CO2固定量認証制度」を利用。

 

1、世のため人のため、業界発展のために
・三方よし経営(お客様よし大野建設よし地域よし)で関係者すべてに幸せを。
・各種団体との連携で「住む」「暮らす」の安心安全を。

 

SDGs宣言
大野建設は、
三方よしの理念のもと
「夢づくり、街づくり」を通して
持続可能な地球環境と、
誰もが健康で豊かな社会を目指し、
SDGsに取り組みます。

2019年10月

大野建設からのお知らせ|大野建設からのお知らせ

ページトップへ