スタッフ日記 住宅編

アプローチや庭も家の一部です

住まいの計画でおろそかになりがちなのが、アプローチや庭などの外回りの計画です。

特に道路との高低差があったり、既存の植栽があったりすると、新しくつくる家との関連性をよく検討しておかないと、逆に住みにくくなってしまうこともあります。

家本体は完成しても外回りはしばらくそのまま、というお住まいも見受けられます。

写真は、今年完成したとあるお住まい。

道路との高低差があるため、お客様の使いやすい高さに合わせた手摺りが、道路から玄関先まで続いています。

また、既存の植栽や庭石もすべて植木屋さんが設置しなおしてくれました。

庭石、植木、そして敷石のバランスが職人技を感じさせてくれます。

ここまで出来て、はじめて建物も引き立つのだと改めて感じます。



本社設計室 奥野進一





ご意見ご感想はこちらまで


















大野建設 株式会社 住宅>
埼玉 注文 住宅 建設 展示場 建築 長期優良住宅 先導的モデル事業
200年住宅 オール電化 和風 モダン 二世帯 エコ ポイント OMソーラー
健康 桧 杉 ムク 無垢 自然素材 いやしろ きづくり ゼロエネ パッシブ

記事一覧|2014年10月

1ページ (全4ページ中)

ページトップへ