スタッフ日記 住宅編

基礎工事の大切な工程「コンクリート打設」

奥野進一 自己紹介へ
2015/06/30(火) 日記

家づくりの中で構造的にも重要な基礎工事。

その中でも、鉄筋工事とならんで大切な工程に「コンクリート打設」があります。

「コンクリート打設」は、ただ枠の中にコンクリートを流し込めば終わり、ではありません。

JIS規格のコンクリート工場で、所定の強度になるようにセメントをはじめとする材料が調合された生コンクリートが、必要な量だけ現場に運ばれてきます。

それを所定の時間内に打ち込まなければなりません。

短時間に硬化する特殊なコンクリートでない限り、それほど慌てることはありませんが、かといってのんびりすることも出来ません。手際よく作業する必要もあるのです。

さらに高さを確認したり、表面を押さえたり(撫でること)することも必要です。

写真は、先日私の担当するお住まいの現場で行われた「コンクリート打設」の作業風景。

手際よく「コンクリート打設」を行っています。

ちなみに、作業を行っている親方のご自宅も、現在弊社大野建設にて建築中です。

お客様のお住まい共々、完成が楽しみですね。

 

本社設計室 奥野進一

 

ご意見ご感想はこちらまで

記事一覧|2015年6月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ