スタッフ日記 住宅編

行田市の地盤は本当に弱い?

ここ埼玉県行田市は、映画『のぼうの城』でも描かれていたように、ほとんどが過去に湿地帯であったため、一般に地盤が弱いと言われています。

そのため、住宅の計画をする場合、あらかじめ地盤補強の予算を確保しておくことがほとんどです。

そんな中、先日行田市内のとあるお客様の敷地の地盤調査を行いました。

近隣の住宅も地盤補強工事をしていたため、それなりのデータが出るものと覚悟をしていましたが、結果はなんと、安定した地盤のため補強は必要ないという判定に。

確かに調査データを見ると比較的安定した支持力を持っています。

また、分析結果をみるとこの土地は、何万年も前に形成された比較的良好な台地上の地盤と推測されるとのことです。

確かに、行田市は古墳も多く、歴史も古い土地柄です。

古代の人たちは、わざわざ地盤の弱い土地に大きな古墳を作るとは思えません。

そう考えると、実は行田市は、地盤の強い安定した土地なのかも知れません。

そのことを古代の人たちは、先天的に知っていたのではないでしょうか。





本社設計室 奥野進一





ご意見ご感想はこちらまで

























大野建設 株式会社 住宅>
埼玉 注文 住宅 建設 展示場 建築 長期優良住宅 先導的モデル事業
200年住宅 オール電化 和風 モダン 二世帯 エコ ポイント 
健康 桧 杉 ムク 無垢 自然素材 いやしろ きづくり

記事一覧|2013年3月

1ページ (全4ページ中)

ページトップへ