スタッフ日記 住宅編

熊谷市の胎内くぐり

2011/06/30(木) 地域情報
こんにちは、

暑い毎日が続き大変ですが熱中症にならないように氣を付けてください。

本日、熊谷市宮町の高城神社で、恒例の胎内くぐり(茅の輪くぐり)が

行われています。

参道の一の鳥居に、直径4m程の茅の輪(茅草)で作られた大きな輪が架けられ、

これをくぐって、正月から六月までの半年間の罪穢(つみけがれ)を祓う夏越しの

大祓式で、疫病や罪穢を紙で作った人形に移し変えて祓われるといわれています。

高城神社の胎内くぐりは、人間の母親の胎内から生まれたときは純粋で汚れを

知らない、故に茅の輪を胎内に置き替え、この輪をくぐってきれいな体になり、

残る半年を過ごそうという意味があるそうです。


   工事部  嶋田 貴史

   ご意見ご感想はこちらまで

記事一覧|2011年6月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ