スタッフ日記 住宅編

地図の日

2010/04/19(月) 未分類
こんにちは。

1800年の今日、伊能忠敬が日本地図を作るための第一歩を踏み出した出発の日。

江戸から、現在の北海道(蝦夷地)へ。

とても有名な話ですね。

51歳ごろから江戸に出て幕府天文方高橋射至時に暦学天文を学び。

56歳の今日から第一次測量を開始し72歳(1818)まで測量を行い74歳にて死去。

1821年に「大日本沿海興地全図」完成。完成3ケ月後に忠敬が死去したことを公表したそうです。

最初の一歩の日を記念して今日を、「地図の日」と定めたそうです。

ありがとうございます。  工事部  中島忠久  ご意見・ご感想はこちらまで

記事一覧|2010年4月

1ページ (全10ページ中)

ページトップへ