スタッフ日記 住宅編

家族で豆まき

2010/02/03(水) 未分類
こんにちは、

2月3日は節分の日ですね。

季節の移り変わる時の意味で、立春・立夏・立秋・立冬の前日を指していました。特に立春が1年の初めと考えられることになり、立春を新年と考えれば、節分は大晦日にあたり、前年の邪気を祓うという意味をこめて、一つとして豆まきが行われました。

一般的には、豆まきは年男(その年の干支を持つ生まれの人)、または、一家の主人が煎った大豆をまき、家族は自分の歳の数だけ豆を食べるとその年は、病気にならず長生きすると言われています。

節分の日に、巻き寿司のまるかぶりが節分のイベントとして世間に浸透してきたのは、大阪が発祥の地といわれており、大阪海苔問屋共同組合が道頓堀で行った行事をマスコミが取り上げ、全国の食品メーカーがそれに便乗して全国に広まったそうです。

太い巻き寿司を、ラッパを吹くようにくわえて恵方に向かって私語を交えずに丸ごと食べる事により、1年間良い事があるそうです。

巻き寿司を使う理由は、福を巻き込むから、丸ごと食べるのは縁を切らないために包丁を入れないと言う事です。

本日は仕事を早めに切上げて、家族と豆まきをしてみてください。

  
          工事部  嶋田 貴史

      
            ご意見ご感想はこちらまで

記事一覧|2010年2月

1ページ (全9ページ中)

ページトップへ