スタッフ日記 住宅編

暮らしやすい間取りのための生活動線の考え方

2009/04/14(火) 未分類
“動線”とは、家族一人ひとりが生活する上で、家の中でどのように動くかを示した線のこと。図面に動線を引いてみることで、その間取りが自分たち家族にとって生活しやすい間取りなのかどうかを判断する基準になります。一般的に動線が短く、回遊するように動くことができる間取りは、使い勝手がよい間取りといわれています。逆に、動線が長く何度も同じ場所を行き来する間取りは、使い勝手が悪い間取りになりがちです。しかし、これらはあくまで一般的な使いやすさを考えた場合です。本当の意味での使いやすい間取りとは、ライフスタイルによってそれぞれ異なってきますので家族の生活スタイルを十分反映させた間取りを考えましょう。

                           住宅事業部  山﨑

記事一覧|2009年4月

1ページ (全10ページ中)

ページトップへ