スタッフ日記 住宅編

しなやかに揺れをかわす

2009/04/03(金) 未分類
木材は曲げや引っぱりに強いという性質も持っています。これは鉄やコンクリートと比べると大きな差があります。

杉の曲げの強さは鉄の約15倍、コンクリートの約400倍。
引っぱりの強さは鉄の約4倍、コンクリートの約200倍にもなります。

外から加わる力に対して同じ強度の抵抗力がある家をつくった場合、木造の方が鉄骨コンクリートより軽い重量で出来るので地震の際、比重が軽い分受ける震動エネルギーも小さくてすむので壊れにくく安全です。

ご意見ご感想はこちら
                               住宅事業部  橋本嘉寛

記事一覧|2009年4月

1ページ (全10ページ中)

ページトップへ