スタッフ日記 住宅編

窓からの花粉を防ぐには

2009/04/01(水) 未分類
 窓は、新鮮な空気を入れる換気口ですが、厄介者の侵入口にもなります。春は花粉や埃の入口になります。ここでは、そうした“困ったさん”への対策をご紹介させて頂きます。

 春は、花粉症の人には辛い季節です。花粉対策は、『花粉を家の中に持ち込まない』、『侵入した花粉は素早くキャッチして浮遊させない』が基本です。窓を閉めっぱなしにもできませんから、開閉する窓を決めて対策を講じましょう。まずは網戸を花粉対策用にし、侵入量を減らします。次は花粉を吸着してくれる花粉対策用レースをかけます。これは、粘着性の薬剤で花粉粒子をキャッチして離さない仕組みになっているみたいです。洗濯機で洗え、メンテナンスも簡単です。

 さらに、外気を取り入れる給気口(レジスター)にも花粉対策を施しましょう。給気口のカバーを外して、中のパイプ(直径100mm)の入り口にフィルター(直径105mmの円形)を入れます。専用のフィルターが無ければ、市販のレンジフード用フィルターを円くカットして使ってもいいでしょう。クイックルなど掃除用ドライシートもフィルター代わりになります。取り付け方としては、隙間ができないようにスコッチテープで塩ビパイプに接着します。住まいに侵入した花粉の対策は、浮遊させないように、クイックルなどの掃除用ワイパーでまめに床を拭き、空気清浄機を作動させて、吸い取りましょう。




住宅事業部  佐久間 隆



ご意見ご感想はこちらまで


記事一覧|2009年4月

1ページ (全10ページ中)

ページトップへ