スタッフ日記 住宅編

メールの打ち方

2009/04/30(木) 未分類
便利になった現在では、携帯電話やパソコンのメールが
頻繁に使われていますが、記録や保存ができるため間違った
使い方や、表現の仕方で相手を傷つけてしまう場合もあるので、
氣をつけましょう。
送信するときの注意として、
①返信を期待しない。
②送る前に必ず読み直す。
③時間帯に注意する。
④相手のメールとの距離感を考える。
⑤質問は具体的にする。
などです。急いでいる時は誤字・脱字などがあるので
注意が必要ですね。

受信する側の注意は、
①よく読んで、送信者の氣持ちを理解する。
②悪い意味にとらない。
③返信するタイミングを考える。
④質問に的確に答える。
⑤返信時のタイトルは書き換える。
です。これからますますメールをつかう機会が多くなると
思いますが充分注意して使いたいものです。
     住宅事業部 植崎幸子


ご意見ご感想はこちらまで


記事一覧|2009年4月

1ページ (全10ページ中)

ページトップへ