スタッフ日記 住宅編

氣を高める話し方

2008/02/26(火) 未分類
 早口で一方的にまくし立てるように話を続ける人がいますが、昔から早口は「氣」がこぼれると言われていますから、直したほうが良いでしょう。

また、小さな声でぼそぼそと話すのも駄目、邪氣が群がるとされています。
大きな声で快活に話す、これが理想ですが、体質だからとあきらめることはありません。

大きな声は腹式呼吸で身に付けることができます。横隔膜を下腹部に押し込むような感じでぐっと力を入れ、喉仏を下げた状態で腹に力をこめて話す。息継ぎは腹で素早くおこなう。

これが身に付くと氣を強化する「導引術」をマスターしたようなもの。
日々、話をしているだけで、氣が強くなっていくのです。
                      
                           住宅事業部    加藤 裕実




ご意見ご感想はこちらまで

記事一覧|2008年2月

1ページ (全9ページ中)

ページトップへ