スタッフ日記 住宅編

雪とスピード

2008/02/07(木) 未分類
今年は雪が降りますね
この一週間くらいでかなり降っています
その為朝の道路の凍結には参ってしまいます
すれ違う車の方々もいつもよりは速度を落として
運転しているようでした。
しかし、それが本来の制限速度くらいのスピードなのです
いかに、私達が普段何下なく走っている道路の制限を超えているか
よくわかります。
車の事故は人間が運転している以上絶対になくなりませんが
運転の規則をしっかり守れば、事故は最小限になるとおもいます。
これを分かって運転している人は少ないでしょう。

では、どのようにすれば分かってるもらえるのか?
どのようにすれば人間が規則守って運転してくれるのか?

これは、車の開発者や製造者がまず一番に考えなくてはいけない点では
ないでしょうか?モーターショーでやっていましたがようやく安全性のことも考慮して
外の表面を鉄からシリコンにしたりと開発しているようですがそれが一般化する
にはまだ時間がかかるようです。製造者もいろいろ開発してくれてはいますが
まだまだ安全面は遅れている部分があるように感じます。
デザインや機能性も大切だとはおもいますが、
それよりも大切なものがあるのではないでしょうか?

車は絶対に必要なものになっています。すごく便利な反面凶器にもなってしまう
諸刃の剣です。
凶器を消して便利だけを見出せないものか・・・
今は人間のモラルを信じて運転するのが精一杯だなと思うのと、
早く事故がなくなるような世界になればいいなと祈るだけです。

住宅事業部 高野 篤

ご意見・ご感想はこちらまで





記事一覧|2008年2月

1ページ (全9ページ中)

ページトップへ