スタッフ日記 住宅編

コンセントとスイッチの位置

2008/02/05(火) 未分類
どこにコンセント・スイッチを設けるかを考える上で大切なことは、以下のようなことだと思います。

●今の住まいのスイッチ・コンセントについて、不便を感じている点を整理し、どこを改善すればよいかを考えます。(例:門・玄関ドア・庭園灯などのスイッチが台所・食事室・居間などから操作ができなくて不便・・・など)
●現在、どのようなスイッチを使っているかを考え、新しい家のスイッチの位置や種類を違和感のないものにする必要があります。(例:ドアを開く前にスイッチがあるか、部屋の中にスイッチがあるか。)

●新築時に予定している電気機器とその置き場を考えてコンセント・スイッチを検討しましょう。

●新築時の家具のレイアウトに対応したコンセント・スイッチの位置を考えましょう。

●人の動きにあわせスムーズに入り切りできるスイッチの位置を考える必要があります。(例:玄関から居間に入って行くとき、動きに応じて居間のスイッチをつけ、玄関のスイッチを消す。)また、人の接近を感知して点灯・消灯する装置の利用も有効です。


ご意見ご感想はこちら

                           住宅事業部  橋本嘉寛

記事一覧|2008年2月

1ページ (全9ページ中)

ページトップへ