スタッフ日記 住宅編

橋本嘉寛 自己紹介へ

地震

2021/02/15(月) 未分類

地震大国と呼ばれる日本ですが最近も大きな地震が起こり、また数十年を振り返っても1995年の阪神淡路大震災や2011年の東日本大震災、2016年の熊本地震など、大きな地震に何度も見舞われています。

被害を最小限に食い止めるためには、地震に強い家づくりが必要不可欠といえます。

家づくりの構造の指針でもある長期優良住宅や住宅性能表示にて定めている耐震等級は、建物の強さの指針であり、壁の量や接合部、基礎などさまざまな検討項目に基づいて1級から3級までの段階が設けられています。

等級の数字が大きければ大きいほど耐震度が高くなります。

等級1で想定される1.25倍の地震が起きても倒壊や崩壊しないレベルであれば耐震等級2、等級1で想定される1.5倍の地震が起きても倒壊や崩壊しないレベルが耐震等級3に認定されます。

大野建設の住まいは基礎工事をしっかりと行い、構造体のバランスの良い家にする事で今後の地震に備えた強い家づくりが出来ます。

ホームページからのご予約も受け付けもしておりますので、お気軽にお問合せくださいませ。

 

住宅・リフォーム営業部  橋本 嘉寛

記事一覧

1ページ (全629ページ中)

ページトップへ