スタッフ日記 住宅編

村田悦子 自己紹介へ

掃除は化学

2021/02/08(月) 住まいのお手入れ

掃除は、どこを掃除するということではなく、何の汚れを落とすか。を考えると掃除が楽になります。

汚れの種類には、
アルカリ性の汚れ(少ない)、
水垢、石鹸のカス、アンモニア臭、たばこや魚のにおいなどの酸性の汚れ(汚れの8~9割)
油汚れ、食べ物のかす、人の体から出る汚れなど中性の汚れ
カビ、雑菌、ほこり、チリ、砂、髪の毛など色々あります。 

汚れは、中性にするとキレイになります。

アルカリ性の汚れには、酸性洗剤(クエン酸PH2)
酸性の汚れには、アルカリ性洗剤(重曹PH8~99・石鹸PH9~10・過炭酸ナトリウムPH10韓11)
中性の汚れには、除菌効果の高い洗剤(過炭酸ナトリウム・アルコール) 

汚れがひどい時は、洗剤パックや付け置きをしてみましょう。
汚れがひどくなければ、中性洗剤(キッチン洗剤)でほとんどの汚れが落ちてしまいます。 
お風呂の掃除もお風呂が最後の人が中性洗剤を数滴付けて洗ってから出れば十分キレイになります。

                      住宅・リフォーム営業部 村田悦子

記事一覧

1ページ (全629ページ中)

ページトップへ