スタッフ日記 建設編

iPS細胞

2013/11/18(月) 未分類
iPS細胞の研究が進んできており現在では、
iPS細胞作製効率が従来比で10~100倍向上させる新手法の発見、
移植時に腫瘍化してしまう恐れのあるiPS細胞を分化させる前に比較的
簡単な方法で見分けられる方法が見つかっています。
これにより時間やコストを削減できるようになり再生医療への実用化に向け
研究が進んでいっています。
これからの研究の進展がとても楽しみです。


大野建設 細村 裕哉
ご意見ご感想はコチラ

記事一覧|2013年11月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ