スタッフ日記 建設編

CO2を蓄積

2012/07/31(火) 未分類
皆様、こんにちは。

毎日、暑い日が続きますが、夏バテしていませんか?

暑いといえば、地球温暖化の原因となっている二酸化炭素が、南極海の深海に蓄積されているって、知っていました?

私は、初耳だったのですが、なんでも、水深1,000メートルもの深さに数百年から数千年もの間閉じ込められているそうです。

今までは、CO2が深海にどのようにして溜まっていくのか、そのメカニズムはかいめいされていなかったのですが、英豪の共同研究チームが解明したそうです。

風と、直径100キロに及ぶ巨大な渦、さらに、南極海の主要な海流の影響を受けて、海水の表面から海中にCO2を取り込む、幅1,000キロもの下降水流が生じているというのです。

なんともスケールの大きな話でピンときませんが、自然の力の大きさと、地球は生きているんだということを改めて感じます。

このこと自体は朗報のように聞こえますが、地球温暖化が進行していることは事実。

そして、温暖化がこのメカニズムに与える影響はというと、まったく不明ということです。

温暖化の影響で、この水流が強化されるのか?それとも、止まってしまうのか?

いずれにせよ、温暖化に対する努力はこれからも続けていかなければいけないということですね。


建設事業部 矢部正裕


ご意見ご感想はこちら

記事一覧|2012年7月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ