スタッフ日記 建設編

ご縁を大切に

2011/02/17(木) 未分類
  こんにちは、ラグビーおじさんです。

 ご縁はほんとうに大切だなと常々思いますが、今回のお客様(タイヤ販売業者)とは仲間からの紹介から始まり、とんとん拍子で営業所建設の契約に至り完成まで運びました。

 お客様の社長は、元甲子園選手で埼玉県代表で甲子園を沸かせた学生時代でした。自分も野球が大好きで社長様と仕事そっちのけで話がはずみよく本題からずれてコミュニケーションがとれたのかと思われます。

 また、今回はお客様の専務より他営業所の改修や立替の依頼があり打合せを行わせていただいておりますが、社長様同様で仕事そっちのけのラグビー話がはじまり違うご縁があるのかなーと思ってしまいました。

 ラグビー話とは「平尾プロジェクト」といってラグビー関係者は誰もが知っている「平尾誠二」監督の新能力開発を考え15歳以下で体格に恵まれている人材や運動能力の高い素人たちのセレクションを行い選ばれた人材だけを育成するチームのことである。

 「平尾誠二」といえばご存知のとおり、第60回全国高校ラグビー大会の優勝高校(伏見工業)の10番、同志社大学では大学選手権3連覇、神戸製鋼でも社会人大会も何度か優勝、日本代表も経験し、スクールウォーズの主人公で、今は神戸製鋼の監督とラグビー界では有名人である。

 お客様の専務は、その「平尾プロジェクト」一期生と聞いて大変驚きました。何か自分と繋がるところがあるのか?ご縁から繋がったお客様のためになんでもする所存でございます。

 建設営業 須加 誠   
               ご意見・ご感想はこちらへ
 

記事一覧|2011年2月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ