スタッフ日記 建設編

橋の補強工事

2010/01/31(日) 未分類
今日のお昼頃のテレビで、『全国的に劣化している橋が多くなっている問題』についての特集をしていました。

取材に答えていたある県の職員さんは、
「道路にあいている穴などは分かっているのですが、橋は下(橋の下)にもぐって調査してみないとわからない。そのせいで対応が遅くなってしまっている。」との説明でした。

規模や構造の違いがあるので一概にはいえないとしても『橋の寿命をおおよそ50年』として考えた場合、高度成長期に造られたものが多い日本の橋は、この先何らかの対処が必要になるものが激増するようです。

番組の司会者さんが「私たちは、橋があることを当たり前のように思い、普段なんの心配もせずに使っている」「安全性について、もっと考える必要がある」とコメントしていました。
・・・確かにそうかもしれません。困るのは私たち自身なわけですから。

橋に限らず、普段当たり前に思っているもっと身近なことに、目を向けたいと思います。


寺田 優 (ご意見・ご感想はこちらへ)

記事一覧|2010年1月

1ページ (全4ページ中)

ページトップへ