スタッフ日記 建設編

若田さんお帰りなさい

2009/07/31(金) 未分類
宇宙での長期滞在を終えた若田光一さんが地球に帰ってきました。

無重力状態では筋肉や骨が弱り、血流も変化するため、長期滞在から戻った宇宙飛行士はすぐに立てないことが多いそうです。

ところが、若田さんは乗組員を運ぶ専用車内から宇宙航空研究開発機構の立川理事長らを見つけると、自分で階段を降りようとしたそうです。

そして、着陸後わずか4時間後にはしっかりした足取りで記者会見場へ向かったということです。

聞くところによると、若田さんは一日2時間以上の筋肉トレーニング等を毎日欠かさず続けたそうです。

記者会見では「宇宙ステーションでは忙しい毎日で、4ヶ月半というより1週間いて帰ってきたような、浦島太郎の気分だ。」と話すなど、かなり充実した日々を過ごされたようですが、そんな中でも毎日二時間もトレーニングするとは驚きです。

日々蓄積されたお腹の脂肪を見つめながら、少しは私もトレーニングをしなければと頭の上がらない思いがしました。

若田さんは8月1日の誕生日には「すしとバースデーケーキをたくさん食べたい」と笑ったそうですが、きっと長い間離れていたご家族と素敵な誕生日を過ごされることでしょう。

建設事業部  矢部正裕

ご意見ご感想はこちら

記事一覧|2009年7月

1ページ (全4ページ中)

ページトップへ