スタッフ日記 建設編

ソメイヨシノに危機!?

2009/03/31(火) 未分類
桜が開花してから何日か経ちましたが、花冷えの日が続きなかなか満開とはなりませんね。
ですが、日に日に花の数が増えて週末あたりは見頃になるのでしょうか。

春を彩る桜ですが、無理な植樹や粗末な扱い、地球温暖化でソメイヨシノに危機が忍びよってるそうです。

横浜の大岡川プロムナードでは、第二次世界大戦後に整備された並木で、近年枝が枯れたりキノコが生えて朽ちる木が多く、505本のうち半数が治療や植え替えが必要だとか。

また、富山市と埼玉県では、樹齢60年以上の木の約8割が倒木の恐れがあると診断されたそうです。

車が接触したり、根が路面を持ち上げて傷つき幹を腐らせる菌が入り込む。
早く並木らしくしたいと必要な間隔を狭めて植樹してしまうケースが多く、枝が伸びずに枯れてしまう。

また、開花には最高気温10度以下の寒気に2ヶ月間さらされる事が必要で、地球温暖化で花の咲かない地域がでてくることも考えられるそうです。

これからも毎年花見を楽しむためには、私たち一人ひとりの行動にかかっているのですね。

建設事業部  矢部正裕

ご意見ご感想はこちら

記事一覧|2009年3月

1ページ (全4ページ中)

ページトップへ