スタッフ日記 建設編

インフルエンザ

2008/12/04(木) 未分類
これからの季節は、インフルエンザが氣になりますよね。
そんなインフルエンザに罹らない為の日常生活での予防方法について。

1.栄養と休養を十分取る。
 体力をつけ、抵抗力を高めることで感染しにくくなります。
2.適度な温度、湿度を保つこと。
 ウイルスは低温、低湿を好み、乾燥しているとウイルスが長時間空気中を漂っています。
 加湿 器などで室内の適度な温度を保つこと。
3.外出後の手洗いとうがいの励行
 手洗いは接触による感染、うがいはのどの乾燥をふせぎます。
4.マスクを着用する。
 ハイリスク群など、どうしても予防が必要な方はマスクを着用しましょう。
 罹患した人では、咳やくしゃみの飛沫から他人に感染するのを防ぐ効果もあります。

小さなお子さまを持つご家族方へ
 インフルエンザは普通の風邪と違って怖い感染症。
 特に小さなお子さんの場合、処置が遅れると、インフルエンザ脳症をはじめ様々な合併症や
 重症化を招く恐れがございます。
 お父さん、お母さんをはじめ 周りの方が注意してあげてください。


建設事業部  長嶋 昭弘(ご意見・ご感想はこちらまで

記事一覧|2008年12月

1ページ (全4ページ中)

ページトップへ