スタッフ日記 建設編

夢の超特急『新幹線0系』

2008/11/30(日) 未分類
1964年にデビューした夢の超特急『新幹線 0系(ゼロ系)』。

今年で誕生から44年。長い間大活躍した初代新幹線が、今日の午後2時台の東京駅発を最後に定期運行を終了したそうです。

0系というのはクリーム色の丸い鼻先をしたあの新幹線です。
『こだま』と言ったほうがピンと来る方もいらっしゃると思います。私も初代新幹線=『こだま』でした。
でも『こだま』とはあくまで運行方式で分ける便の名前であって、0系というのが正しい呼び方のようです。
・・・申し訳ありません、ほんとはそのへんのウンチクに詳しくありません。
私は東海道新幹線にもほとんど乗ったことが無く、まして鉄っちゃん(鉄道好きの人のこと)でも無いので0系についての知識はほとんど0です。
・・・重ね重ね申し訳ありません。

本題に戻って『0系』の44年間の活躍について。
日本の大動脈といえばもちろん東海道です。
そして高度経済成長期の東海道で活躍したのがこの新幹線0系。
つまり0系が無ければ今の日本はありえなかった・・・。
言いかえると、今の日本の育ての親(生みの親?)ともいうべき存在がこの0系ということになります。

新幹線0系さん!
長い間の活躍、ありがとう!

建設事業部 寺田優 (ご意見・ご感想はこちらへ

記事一覧|2008年11月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ