スタッフ日記 建設編

早く安心して食べられるようになって欲しいですね。

2008/09/13(土) 未分類
事故米の食用への転用問題についてです。

ここ数年、いろいろな偽装が明るみになりましたが、
「ついつい出来心で…」、「経営が苦しくて…」というのが今までの主な言い訳だったような気がします。
もちろん言わずもがな、とんでもない話しです。

ところが今回の事故米の食用への転売です。
今までの産地偽装などとはレベルが違うと思います。
中国産餃子真相が未だはっきりしない状態で比較するのもなんですが、
果たしてどちらがより悪質か・・・。

それにしても『不況のせい』などという言葉ではかたづけられないくらい、
今の日本人のモラルはさがってしまったのでしょうか。
それとも、解らなかっただけで実は昔からこのような事が行われていたのでしょうか。

今はただ、一日も早く汚染米が回収され、お米や焼酎、おせんべいなどが安心して口に入れられるようになることを祈りましょう。

※ スーパーで安売り米を買うのが恐くなったのは私だけでしょうか。。。

建設事業部 寺田優 (ご意見・ご感想はこちらへ

記事一覧|2008年9月

1ページ (全4ページ中)

ページトップへ