スタッフ日記 建設編

次世代ディスクの争いに決着・・・

2008/02/17(日) 未分類
次世代ディスクとして標準化を競ってきていたブルーレイディスクとHD-DVD。
一月ほど前のスタッフ日誌にも書かせていただいた話題ですが、
昨夜のニュースで「東芝がHD-DVD事業から撤退するということで調整に入った」と聞きました。

ソニー、松下、日立など数社が開発・販売にあたっているブルーレイに対して、孤軍奮闘の色合いが強かった東芝のHD-DVD。
ブルーレイとHD-DVDの販売シェアが日本では9対1、アメリカではもう少しマシなようですが、いずれにしても昨年末の時点で「勝敗は既に決した」という状況でした。
大変残念な話ではありますが、東芝の撤退は仕方のないことです。

でも、こうなるとまず気になるのは現在HD-DVDを買われてしまっているユーザーさんが今後どうなるかです。
あたりまえの話ですが、HD-DVDデッキは安くはなかったはずです。
ソニーがベータのテープを作りつづけたように、東芝がHD-DVDのディスクを作りつづけてくれればいいですが、HD-DVD事業からの撤退による損失額等を考えるとどうなるかわかりませんね。

たしか、HD-DVDディスクは東芝の他にはマクセルが販売していたと思います。
今後暫くの間(数年?)だけでもHD-DVD用のソフト、録画・記録ディスクが販売されればいいなとは思いますが、こうなってしまっては難しいでしょうね。

ただ、せめてもの救いはHD-DVDのディスクがなくなっても、DVDデッキとしては今まで通り使えるということです。
そう聞くと大した問題でもないように思えてしまいますが、
ユーザーさんからすれば非常に痛い話・・・
大変残念な結果ということは間違いありません。

「HD-DVDユーザーさん、元気を出してくださいね。
 そして東芝さん、ブルーレイの開発を頑張ってください。
 ブルーレイヴァルディアが発売されるのを楽しみにしています」


建設事業部 寺田優


ご意見・ご感想はこちらへ

記事一覧|2008年2月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ