スタッフ日記 建設編

大晦日

2006/12/31(日) 未分類
毎月の末日を“みそか”または“つごもり”といいますが

12月は一年の最後だから“大晦日”、“大つごもり”といいます。

大晦日の夜から元旦にかけては

年神様を迎えるさまざまな行事があります。

大晦日は正月準備をすませ、終夜起きて神社にこもり

心を清める慣わしが、現在の初詣になったそうです。

2006年の最終日を皆様いかがお過ごしでしょうか。

それでは、良いお年を…。

建設事業部 武田充弘

記事一覧|2006年12月

1ページ (全6ページ中)

ページトップへ