スタッフ日記 建設編

暑さに負けるな!

2006/08/23(水) 未分類
暦の上では秋となっていますが、まだまだ暑さがきびしい日が続いています。
私が担当させていただいている現場では、建物の外部工事及び内部工事を行っていますが、職人さん達も汗をかきながらがんばっています。
この季節に特に注意しなければならない事の1つが、熱中症です。
からだから大量の熱が発生し、体温が40度を超える異常高熱になります。その結果、脱水状態が進み、手足のけいれんや吐き気、失神、ひどいときには意識障害を起こしショック症状で死に至ることがあります。これが熱中症です。
熱中症の予防は、暑さにからだを徐々にならしながら、絶対に無理をしない事。また水分と適度な塩分をこまめに補給することが大切です。
仕事を進める上で、職人さんの体調管理に氣を使うことも私たちの大切な仕事です。
これから、現場の方もオープンに向けて大詰めなので安全作業でがんばります。
建設事業部 長嶋昭弘

記事一覧|2006年8月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ