スタッフ日記 建設編

ノートルダム大聖堂

2019/04/16(火) 日記

パリの観光名所で世界遺産のノートルダム大聖堂が、炎に包まれる報道を観たときは唖然としてしまいました。

「まさか」の一言しかありませんでした。

炎に包まれ尖塔が崩れ落ちる光景を観たときは、このまま消滅してしまうのではと思うほどでした。

懸命な消火活動によって、なんとか消滅は免れました。

 

建物造りに携わるものとして、このような報道には心が痛みます。

再建には長い年月がかかると言われていますが、できるだけ早く元の姿になってほしいものです。

 

特務・工事統括部 嶋田 貴史

記事一覧

1ページ (全429ページ中)

ページトップへ