スタッフ日記 建設編

線状降水帯

2021/07/09(金) 未分類

お元氣様です。

 

最近は突然の大雨など、気候による災害が多くなっておりますが、

「線状降水帯」という言葉が気象ニュースで良く出てくるようになりました。

 

線状降水帯とは、1つでも土砂降りをもたらす積乱雲が、風向きなどにより同じ場所を何個も通ることにより

大雨をもたらす現象だそうです。

 

今年も各地で災害が発生しておりますが、自らの身を守る為にも、

正確な情報収集と早い避難というのは、各人が頭に持っておかなくてはいけない事だと感じます。

 

防災対策はやりすぎる事はありませんので、意識を高く持って行動しましょう。

 

 

建設営業部 荒井

記事一覧

1ページ (全475ページ中)

ページトップへ