社長日記

地震対策

2007/03/26(月) 未分類
石川県輪島市中心に大きな地震が起きました。こういう時に一番氣がかりな事は、建物の原因で
発生する被害状況です。お一人お亡りになった方には、本当にお氣のどくな事と存じますが、
それ以上お亡りになった方はいらっしゃらないようですのでホット致しました。

神戸地震の時は、現地にもおもむき、被害状況をつぶさに実感させて頂きましたが、構造が木造
であれ、鉄筋コンクリートであれどんな構造でもきちんと設計図どうり施工され、その後の
メンテナンスもきちんとされている建物は、震度7程度の地震でも十分に耐えられるという事でした。今回もテレビの画面で見る範囲ですが、よほど古く、泥壁、泥を屋根に載せた工法、メンテナンスや耐震に対しての補強工事などがなされてない建物に被害が出ているようです。

阪神大地震の後、建物の構造基準も一段と厳しくなっておりますので、きちんと設計され、きちんと施工されてさえいれば、震度7程度の地震には十二分に耐えられる様になっております。
ご心配の方は、専門家に構造のチェックをして頂く事をおすすめ致しますが、きちんと工事された比較的新しい(昭和55年以後)建物は大丈夫ですので、ご安心下さい。

ころばぬ先の杖の諺どうり、事前のチェック、準備は必要と思います。





ご意見ご感想はこちらまで

記事一覧|2007年03月

1ページ (全4ページ中)

ページトップへ