社長日記

東京こども図書館

2013/03/30(土) 未分類
「相手の身になって」とか「使う人の立場を考えて」と、仕事に取り組むスタンスでよく問われます。
東京こども図書館は、この事がしっかり取り込まれて創られていると思います。

当然の事かと思いますが、子供が立ち入る所は全て子供の目線、子供の寸法で造られ、利用する子供一人ひとりの過去の情報カルテ(写真上)が残されていて、きちんとした指導も施されます。子供さんと向き合う職員の皆様の対応が何とも素晴らしいのです。

ハード、ソフト両面で地域の子供さん達は本当に恵まれていると思います。行田にも何とかこのような、こども図書館を創りたいと願っております。


ご意見ご感想はこちらまで

記事一覧|2013年03月

1ページ (全4ページ中)

ページトップへ