社長日記

社長日記 自己紹介へ

弊社の宝

2020/12/11(金) 未分類

お蔭様で「『大野さんはいい仕事をする』という評判をよく聞くよ」と、よく言われます。ありがとうございます。
目には見えない「口コミ」という宝物です。

その「口コミ」を支えるのが社員です。実は弊社には、元請会社としては珍しく大工職人(社員大工)が10人以上おります。
大工職人だけでなく、数多くの建築技術者がおりますが、同時に「職人氣質」を大切にしている技術・技能者集団が、その素晴らしい「口コミ」の素をしっかりと造っています。

全社員の内、技術者・技能者の比率が約80%で、その内一級建築士12人、一級建築施工管理技士22人、10年以上の技術者・技能者(大工、棟梁)28人らが、「建築技術」にしっかりと職人氣質をもって仕事にあたっております。
社員大工の中には、国土交通大臣顕彰(建築大工マスター)を受賞した棟梁もおります。16歳で入社して弊社で修業し現在70歳、54年もの間多くの木造建築の実績を残し、リフォーム工事や若手の育成に励んでおります。

多くの技術・技能社員が、それぞれの技術・技能を身につけ、世の為人の為にと仕事に励んでいる姿は美しいものがあります。
そして、毎年若者がその様な活躍をする技術・技能者を目指して、新卒社員として応募して参ります。
入社後も、それぞれ予定通り一人前の技術・技能社員として、建築の仕事を通して大活躍をさせて頂きます。
お客様からお仕事をさせて頂くお蔭様で、自分が社会(世の中)にお返しできることも、良く理解して取り組ませて頂いております。そのお蔭様で、仕事がしっかりでき、自分の存在感や、感謝の氣持ちを会得できるものと思います。
その事で、本人は幸せ感を感じて仕事に取り組み、お客様にもしっかりと喜んで頂くという、素晴らしい循環ができており、正にウィンウィンの流れができます。全てお蔭様です。この良いサイクルをさらに深化させて参ります。

ありがとうございます。


ご意見ご感想はこちらまで

記事一覧

1ページ (全370ページ中)

ページトップへ