社長日記

社長日記 自己紹介へ

時代に沿った建物つくりを

2020/01/24(金) 未分類

昨年一昨年と、台風や大雨の自然災害が全国を襲い、各地に甚大な被害をもたらしました。
お亡くなりになられた方々には、心よりお悔やみ申し上げますとともに、被災された方々には、心よりお見舞い申し上げます。

異常気象が続くこれからの時代は、毎年の様にこの様な風水害はあるものと覚悟して、仕事に取り組まざるを得ません。
つきましては、まず被災しにくい場所かどうか、そしてその土地の特性に対応した設計をする事が、まず求められます。
それでも、床上浸水や屋根や壁の破損が生じた場合は、極力早く復旧できる設計と施工体制の準備が必要です。

今の技術力からすれば、万一に備える事は設計段階からかなり可能です。住宅やその他建物の性能の一つとして、現行の評価項目にしっかりと加える時が来ました。

しっかりと対応して参ります。

 

ご意見ご感想はこちらまで

記事一覧|2020年1月

ページトップへ