社長日記

「職人かたぎ」

社長日記 自己紹介へ
2019/02/22(金) 未分類

「職人かたぎ」は、私達、住まいや一般の建物つくりに関わる者にとって、どうしても必要な心・精神です。
特に「建築する行為」は、人々の日々の生活、命に大きく関わるからです。

一つの建物が完成するには、大変多くの業種で多勢の職人さんの手によるところがまだ多いのです。
一部は工場生産される時代にはなりましたが、最終的には現場の職人さんによる作業が沢山あります。
そして、その一つ一つの仕事がかみ合って、全体の安全・安心を創出してゆくのです。

建物つくりは職人に限らず経営のトップ含め、全ての関係者に「職人かたぎ」が必要です。
これからも大切にして参ります。

ありがとうございます。

 

ご意見ご感想はこちらまで

記事一覧|2019年2月

ページトップへ