社長日記

小学1年生の感即動

2013/03/06(水) 未分類
先日、極親しくしているBさん一家が、静岡より一泊でお見えになりました。

一泊されましたが、4人兄弟(2男、2女)の長男K君は小学校一年生ですが、長男だけあってとてもしっかりした頼もしい子でして、幾つかビックリさせられました。

一つは、我が家の木の門は大風が吹くと動いてしまいますので、その為様に近くに石を置いてあるのです。誰に指示された訳でなく「おじさんの車に当たらないように・・・」と、小1年生には結構重いのですが、庭の片隅に移動してくれました。(約30メーターも)
危険予知「感即動」のお手本です。感性の素晴らしさは年とともに落ちますが、維持してゆきます。

又、K君は仲間に早く会えるのが楽しみで、毎朝7時には学校に行き、正門の前でその門の開くのを待っているそうです。楽しいですね。
将来がとても楽しみです。



ご意見ご感想はこちらまで

記事一覧|2013年3月

1ページ (全4ページ中)

ページトップへ