社長日記

矢内理恵子さんの揮毫

2008/06/05(木) 未分類
男子日本バレーチームの北京五輪への出場が見えて来たようです。

先日初代、将棋女王位につきました矢内理恵子さんの揮毫で、新聞でも述べておりましたが「戦いは最後の5分間にある」があります。日本バレーチームがイタリア戦で7点差で優位に展開していながら、あっという間に逆転され、結局負けてしまった試合を思い出しました。

私も最後のつめの甘い所があります。反省して、これからの仕事に生活に生かしてゆきます。


ご意見ご感想はこちらまで

記事一覧|2008年6月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ