社長日記

1000年の歴史に包まれて

2008/02/29(金) 未分類
今日、飯田橋にて行われました健康維持増進住宅研究委員会・健康増進部会(部会長 早稲田大学 田辺教授)においていろいろなご意見があり、大変勉強させて頂き、得るものがたくさんありました。

その中の一つに、人間(動物)が新しい環境、新しい材料に本当に馴染み、受け入れられるのに30代(約1000年)かかるとの事。従いまして1000年前から人間が使ってきている材料、例えば木・土・紙・衣はDNAにすっかり組み込まれ、何の心配もなく今私達の生活を支えてくれているとの事。

新しい材料が決して悪いと一口で言っている訳ではありませんが、こと家つ造りについては、できるだけこのような材料を使った本物の木の家づくりをお薦め致しております。


ご意見ご感想はこちらまで

記事一覧|2008年2月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ