社長日記

おふくろの味

2007/03/11(日) 未分類
どなたも子供の頃口にして、忘れられない母親の手作り料理の味があると思います。何歳になっても懐かしくおいしいものです。

私の忘れられないおふくろの味は、「煮込みほうとう」と、「自家製野沢菜」です。ほうとうは勿論地粉を使い手打ちです。それに地元で採れるじゃがいも、山のきのこ、山菜等をたくさん入れて季節の野菜の甘味がでている感じのものです。野沢菜漬けは、冬の保存食として、昆布、柿やりんごの皮、にんにく、生姜などを入れて漬け込んだものです。

ほうとうは、自宅で時々私が作ってあげます。野沢菜は現地に出向いて冬のシーズンだけ本物の味に出会えます。冬は野沢菜が食べたくて時々頂に行きます。

何時になってもおふくろの味を大切にしてゆきたいものです。


ご意見ご感想はこちらまで

記事一覧|2007年3月

1ページ (全4ページ中)

ページトップへ