社長日記

地中電位

2007/02/23(金) 未分類
電磁波が人体に与える影響(アトピー、難病等)について最近言われるようになりましたが、確かに私達の家づくりの体験からしますと影響が無いとは言えないと思います。

その土地によって地中電位の状況がそれぞれ違います。よく「イヤシロチ(弥盛地)」=病氣が少なく、作物が良く採れる土地 。「ケガレチ(気枯地)」=植物の生育などに向かない土地 等言われております。

「静電三法」の著者で物理学者の楢崎皐月氏により、地中の電流の流れでイヤシロチとケガレチの違いが発見され、その原理でその土地の特性を測定・識別する事ができます。確かに栄えている場所の土地はその数値(地中電位)が高く、爽やかな空氣の漂う神社や鎌倉の主な名所等は、全て高い地中電位の数値が測定されております。ちなみに弊社本社・私の自宅も測定したところ、鎌倉や神社なみの数値が出まして胸を撫で下ろしました。ところが、熊谷展示場が以外に悪かったのです。そこで昨年その改善工事をしましたら、10ヶ月を経た現在かなり数値が上り改善が見られております。

一度、今お住いの所を測定されてみて下さい。無料で行っておりますので、担当者までお氣軽にご相談下さい。

記事一覧|2007年2月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ