社長日記

温暖化と私生活

2007/02/01(木) 未分類
まもなく大寒を迎え本来ならもっと寒いはずですが、秋田で2ヶ月も早く桜が咲いたり、スイセンが1ヶ月も早く咲いたりで、年々冬が暖かくなったと感じているのは私だけでは無いと思います。
温暖化による地球環境に与える影響は大きく、当然私達の生活にも大きな影響を及ぼす事は必須で、ここでなんとかくい止めなければならない世界的な大きい問題であります。
しかし、それらの状況を生み出してしまっているのは大半が我々人類です。そうなりますと私達1人1人の考え方、行動を変えて、温暖化を防ぐしかありません。

会社では、どちらでもISO14000その他の関係で、CO2を減らす設計や工事をします。他、室温を押さえたり、ガソリンや紙その他ムダを無くしたりと、数値目標をつくり環境問題に取り組んでおります。
そこで、私達1人1人が、それぞれの家に戻った時に、あるいは個人生活の中で生活の質を落とさず、いかに余計な資源を消費しない生活が大切かと思います。
私も、ささやかの事ですが、物を大切にする生活をし、湯たんぽを使ったり、余計な包装紙をお断りしたり、ゴルフに出かける時には、ビニール袋を使わないように布袋を持参したり、こまめにスイッチを切ったりと、今迄とは違った生活を色々と心掛けております。だいぶまめになった氣がしております。そして、身近な人や全社員にも推奨しております。

塵りも積もれば山となるの期待です。





ご意見ご感想はこちらまで

記事一覧|2007年2月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ