社長日記

地鎮祭での赤飯

2006/11/29(水) 未分類
 先日は熊谷市のW様邸の地鎮祭に出席させて頂きました。一通りの神事の後、W様のおばあちゃんが作って下さったお赤飯と白菜の漬物が、参加者全員にふるまわれました。
 本当に久しぶりにおいしい赤飯をご馳走になりました。このおいしさを皆様に味わって頂けないのが本当に残念で申しわけなく思います。一生に一番高額な買物をされる建て主様、家づくりは、買うわけでもなく、建て主様・設計者・施工者と力を合わせ造り上げて行くものです。
家づくりは、人生の中で一番の大事業です。ですからそこに大変な事もありますが、やりがいもあり、楽しみ・喜び・感動もあります。
建て主様が新しい家づくりを始められるその喜びの心が入っているから赤飯も本当に美味しいのです。
W様の信頼とご期待以上の建物をつくり、その後のアフターサービスをきちんとさせて頂きます。この家つくりを機にW家のますますのご隆盛間違いなしと存じます。W様おめでとうございます。
ありがとうございます。

記事一覧|2006年11月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ