社長日記

「風邪ひかない法」

2006/08/31(木) 未分類
私は自慢できる事はたいしてございませんが、健康でよく働く男の子が3人と、良妻賢母を日々重ねる嫁いだ娘が1人と、健康な4人の子供を育てあげた事と、28歳からこの間約30年近く風邪もひいた事がない事です。とはいえ年に2回程風の子供がやってきます。でも風邪を引き込まずにお帰り頂き、風邪もひかない元氣人を毎日展開しております。

実は2日程前にやってきたのですが丁重にお帰り頂き、今日も元氣で平常勤務となっております。今日はそのコツを少しご披露致します。

まず、風邪が「来た」事を敏感に、素早く的確に捉える事が非常に大切です。見逃したら入ってしまいます。(風邪をひいた状態になります)こういう時には早目に仕事を切り上げ、温かい食べ物(体を中から温め、奥様の心のこもった煮込みうどん等)を頂き、リポビタンDのような栄養剤を飲み、温かい部屋で1枚余計に着込んで温かくしてすぐ床に入る事です。夜中に大汗が出たら、しめたものです。よく体を拭き、着替えをして再び寝ます。何回か汗が出て再び着替えます。朝になるとすっかり熱も抜けます。いつものように入浴してスッキリ爽やかという事となり、何もなかったような顔で会社へ・・・という訳です。

これは私なりに見出した独特の対処法です。ご参考にして頂き、皆様独自の方法を開発され快適な毎日が訪れますよう念願致します。


(ご意見ご感想はこちらまで)

記事一覧|2006年8月

1ページ (全4ページ中)

ページトップへ