社長日記

足跡が生きる

社長日記 自己紹介へ
2019/05/10(金) 未分類

約45年前、当時常用で勤務していた弊社大工さん(当時は日給月給の準社員扱い)に、他の事務職員(正社員)と同様に「社会保険、厚生年金にしようと思うがどうか?」と私(当時26才)が声を掛け、約20人いた大工他職人のうち「若く、病氣にもならないはずだから国民保険でよい」と言った若い2名の大工以外全員、社会保険、厚生年金、雇用保険に加入して現在に至っています。
決して自慢する程の事ではありませんが、今84歳の定年まで勤めた元職人さん等は、皆さん本当に喜んでくれています。今となっては、当時若かったけれど、良い事をしたと思います。

他にも、創業以来112年のおつき合いを頂き、ご親戚縁者含め何棟も工事をさせて頂いて、今もご愛顧頂いている行田のE様との歴史も、弊社にとりまして大変大切な、そして貴重な足跡となっています。

又、「小さな自由図書館」も本社敷地内に設置させて頂き、ご近所の皆様や子供達にとても喜んで頂いてますが、これも、本をご提供頂いている皆様があっての事です。数十年後、きっと素晴らしい足跡になるものと信じて継続してまいります。

社の内外で素晴らしい足跡、皆様に喜んで頂ける事を、これからも沢山残してまいります。

ありがとうございます。

 

ご意見ご感想はこちらまで

記事一覧

1ページ (全363ページ中)

ページトップへ