社長日記

小川棟梁の実践

社長日記 自己紹介へ
2018/08/31(金) 未分類

ある会で、日本を代表する社寺建築で有名な小川棟梁の講演を拝聴させて頂きました。
私自身大野建設に入社時は、同じ敷地内の別棟でしたが、見習の若い大工さんが住み込みで何人か居て、食事もその若者達と一緒でしたので、とても親しみをもって聴く事が出来ました。

お話の中で、一番感じた事は「ものづくり」に対する「心」、いわば「職人としての心構えの大切さ」でした。
小川棟梁のお言葉を借りますと、「職人はジェントルマンだ。それは言い訳をしないから」「工作のものづくりでなく、執念のものづくりをせよ」「本物をつくれ」「本物を残せ」「嘘偽りのない物を造っておけ」等に、その心構え、いわば職人氣質が出ております。

我々若手社員が、弊社の先代から常々言われた語録に、全てが通じています。社員以下全員が「ものづくりの心」を実践し、しっかりと若手にも伝承して参ります。

ありがとうございます。

 

ご意見ご感想はこちらまで

記事一覧

1ページ (全360ページ中)

ページトップへ