社長日記

社長日記 自己紹介へ

「伝統建築工匠の技」無形文化遺産に

2020/12/18(金) 未分類

「日本の木造建造物を受け継ぐ伝統技術」がユネスコの無形文化遺産登録として認証されました。能楽や和食に続く、国内22件目のユネスコ無形文化遺産になるとのことです。

「伝統建築工匠の技」には、建物修理、建造物木工、瓦屋根、左官、畳製作等が総体的に入っています。
このような技術は、熊本地震で被災した熊本城の再建等、近年多発する自然災害の復旧にも欠かせない技術です。

歴史ある日本の伝統的な多くの木造建築技術が、世界遺産として認められた事は、伝統的木造建築にもかかわる者としてとても嬉しい事ですが、それらの技術は今もしっかりと使われている技術です。
若い担い手を育て、「遺産」として棚上げすることなく、さらにその技術の根本を磨き、守り、次世代に伝承して参ります。

ありがとうございます。


ご意見ご感想はこちらまで

記事一覧

1ページ (全370ページ中)

ページトップへ