社長日記

「陸王」の感動を永遠に

社長日記 自己紹介へ
2018/04/06(金) 未分類

池井戸潤さんの小説「陸王」がTVドラマ化され、日曜日のゴールデンタイムに放映されました事は、行田の住人として、大変嬉しい事でした。まして内容が感動的で、毎回毎回涙しながら観させて頂きました。

想えば、小説の発売と同時に、会長をしていた行田ロータリーの例会で、一早くメンバーの皆様に紹介した事を想い出します。「造り手の皆さんの想いに支えられたお蔭なんです」という、こはぜや社長の言葉や感動的な場面が忘れられません。ものつくりに関わる者として、あのドラマの真髄をいつ迄も大切にして参ります。

ありがとうございます。

ご意見ご感想はこちらまで

記事一覧

1ページ (全360ページ中)

ページトップへ